Oculus Rift Sを買いました!


記事としては大分遅くなってしまいましたが、Oculus Rift Sを買いました。
使用感とかの感想でも書いていきます。

目次

  1. どんなの?
  2. CV1持ってるのになぜ?
  3. 不具合と対策
  4. まとめ

1.どんなの?

Oculus Rift Sは日本円で49,800円と、過去のVRヘッドセットと比べると安く、PCと接続してハイパフォーマンスなVR体験ができるHMDとなっています。
https://www.oculus.com/rift-s/
とはいっても以前出ていたOculus Rift(俗にいうCV1)もサマーセール以降50,000円と同じくらいだったので、それと入れ替わりでリリースされたようなものではないかと思われます。現在ではCV1はOculus日本公式ではすでに取り扱っていないので多分そうでしょう(適当)。

2.CV1持ってるのになぜ?

CV1の代わりのようなものと書きましたが、違いはもちろんあります。僕が注目した点としては大きく2点。外部センサーを使わず、HMD内臓のセンサーでトラッキングをするという点と、画面解像度が上がってよりはっきりと見えるようになった点です。
実は(?)僕は既にCV1の方を持っているのですが、なぜRift Sの方買ったのか?それは以下の通りです。

  • どの方向を見てもHMDのトラッキングが外れない

 外部センサーを使用する場合だと、センサーに背を向けたり、死角に入ると外れがちで、しゃがんだ時だけ外れやすかったりと部屋が狭いと死角ができやすいのが問題でした。
Rift Sだとその心配がありません。HMD内臓のセンサーによってトラッキングを行うので、どの方向を向いてもトラッキングが外れることはないです。しゃがんでも、どこに歩いてもちゃんと位置をトラッキングできるので、狭い部屋にも広い部屋でもお勧めです。

  • バーチャルデスクトップが使いやすくなる

 Oculus RiftにはOculus Dashという機能の中のバーチャルデスクトップを使用することで、普段のPCのデスクトップをVR内で見ることができます。動画を見る分なら僕としては十分なのですが、CV1では細かい文字が潰れやすく、近くで見てやっと見えるくらいでした。
 Rift Sだと体感的にCV1では20cm距離まで近づかないと読めなかった文字が40~50cmくらいから読めるようになった感じです。VR内で好きな場所でマルチディスプレイができる機能としてDashは最高と思っていたので、唯一のもったいないと思っていた解像度の問題も完全ではないですが、クリアしつつあるなと思ってます。

また、細かい点でいうと、必要なUSBが1口だけでよくなった点、ヘッドホンからスピーカーに変わっているので、耳に当たる物がなくなったり、好きなヘッドホンをコードの長さを気にせずに使える点でしょうか。
あとは、センサー(カメラ)を使用したパススルー機能がある点もありますね。

 

3.不具合と対策

現在2019年7月3日現在では動作は安定しつつありますが、3週間ほど前に不具合が起きていました。

  • クライアントを起動しようとするとエラーが表示されて起動できない

 Oculusクライアントが起動できない場合は、OVRServerのサービスに問題が発生している可能性があります。タスクマネージャーのサービス画面からOVRServerを再起動してみて下さい。それでも直らない場合はそのサービスを停止して、Program Files/Oculus/Support/oculus-runtime配下のOVRServer_x64を実行してみて下さい。

  • クライアントが再起動を繰り返す

  • ヘッドセットは認識しているのに映像が映らない

 管理者権限でWindowsにサインインしてOculusクライアントを実行してみてください。それで正常に動作するようであれば、ユーザー名を変更することで動作するようになると思われます。この2点の不具合はパスに全角文字が含まれていることによって起きる問題のようでした。パスの中にはユーザー名が含まれているため、ユーザー名を半角文字に変更することで修正できます。変える際にはアカウントの管理からユーザー名を変更しましょう。それでも直らない場合は新しくアカウントを作るか、管理者権限でユーザー名のフォルダの名前を半角に変えます。後者はレジストリを操作するので間違えるとWindowsにログインできなくなるなど、取り返しがつかない危険性もあるため、実行する場合は各自で調べて自己責任でお願いします。

  • トラッキングのカメラが反応しなくなる

 これは最近では発生しづらくなってきているようですが、念のため。
パススルーショートカットが使用できる場合はパススルーを確認してみて下さい。カメラで映した視界ではなく砂嵐になっているこの場合はカメラが停止してしまっています。この場合はクライアントを再起動してみると直ります。1回で直らない場合もあるので2、3回ほど試してみて下さい。VRCなどでは一旦ログアウトする必要があるのが面倒なところ……。

4.まとめ

 Oculus Rift Sもまだ発売してから間もないころなので、不具合もちょくちょくあるかもですが、現在では問題なく動いています。トラッキングも外部センサーに左右されず、解像度も上がったので、ゲームで遊ぶ以外にOculus Dashを使用したフレキシブルなデスクトップ環境として使ってみるのもアリかもしれません。ブラインドタッチができる人ならワイヤレスキーボードを使えば部屋のどこでもデスクトップ環境が使えそうです。

 

¥ 3,240

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です