Vectorworksのシートレイヤの使い方とか


3dsmaxに以前Vectorworksで作った設計図面をちょっとインポートしてみました。

Vectorworksで作った図面をこちらに持ってくるとき、真っ黒いモデルがインポートされてしまうので、2次元の図面だけを取り出せるように奮闘していました。

 

ちなみに、Vectorworksで建物の3Dモデルを作ってある人は作ったモデルと別に2D図面(立面図、断面図)を書くというのは正直面倒ですよね。

Vectorworksで作ったモデルを図面として取り出すにはビューポート機能を使用したシートレイヤを使用すると効果的です。

ビューポート機能は映している画面をシートレイヤに書き出すことができます。

元のデータに変更を加えてもそれに応じてシートレイヤに変更が適用することもできるため、わざわざ立面図を書き換える手間も省けます。

また、レンダリングの方式も変えることができます。上の画像のような線だけを取り出したり、3Dの外観パースやハッチングによる質感表現も再現でき、ポスターに配置するときも融通が利きます。

平面計画を先に考えて、高さの検討を3Dモデル作成と一緒にしてしまう人にはいいかもしれません。

 

平面図や断面図への使い方は詳しく調べていませんが、もしかしたらビューポート機能を使えるかもしれません。要調査。

 

なぜVWで3Dモデルがあるのに3dsmaxに移したか、ですか?

それは、気分です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です